確実性の高い太陽光発電事業

投資対象としての太陽光発電の魅力

太陽光発電はソーラーシステムにより発電する装置ですが、作った電気を政府が買い取ってくれる制度が存在します。このため、装置を作る初期投資を行えば、太陽の光は永遠になくなりませんので、一定のお金を生み出し続けてくれます。不動産投資のように収益が止まるリスクも存在せず、メンテナンス費用も少なくて済みます。しかし、個人で太陽光発電事業を行うほどの装置を作るのは負担が大きいことから、太陽光発電ファンドが作られています。 太陽光発電ファンドでは、出資者から資金を集め、目的会社が資金を管理します。その資金で太陽光発電システムを作り、買い上げられた電力によって得た収益を分配するものです。5~10パーセントほどの表面利回りが期待できます。

太陽光発電への投資を通じて環境にも貢献

日本は太陽光発電に関しては他の国々よりも早く発展しており、発電システムの生産量や導入量で世界一であり続けています。公害を出さないことから将来のエネルギーとしてさらに開発が進んでいます。 しかし、日本の電力は火力発電と原子力発電でその殆どを賄っています。これは発電効率の高さの違いがあるからです。東日本大震災以降、原子力発電のあり方が見直され、部分的な稼働だけをしていますので、実質的には火力発電で大部分のエネルギーを作っています。火力発電は石油や石炭の燃焼エネルギーが元になっています。そのため多くの二酸化炭素を排出します。 太陽光発電ファンドに投資することで、太陽光発電設備が増えます。社会全体の発電量の中で、公害を出さないエネルギーの割合を増やすことができ、火力発電や原子力発電に頼らない国家に近づく力になります。